top of page

恵比寿リンパサロンSlowLifeのインテリア実例

本日のインテリアコーディネート実例紹介はリンパサロンです。

東京都渋谷区

リンパサロン Slow Lifeさま

SlowLinfe

世界6ヵ国にある小顔矯正、幹細胞フェイシャルFaciaGinzaの代表である綾野絵美莉さんにご依頼いただきました。恵比寿にある隠れ家サロンSlow Life。その名の通り隠れ家で、ゆったりとした時間を過ごせる場所でした。



女性

インテリアは好きで、色々見るのですが、経営に施術にと忙しい中で時間が取れない。プロにお任せしたいと思っていた時に、信頼している方からご紹介いただきました。ちこさんが作るコンセプトブックもすごく気になります。


絵美莉さんからのご希望は

  1. 接客ブースを増やしたい

  2. イビザ島が好きなので、そんな開放感あるイメージにしたい

  3. 今ある家具も使えるものは使いたい

  4. スタッフともインテリアに込められた経営理念などを共有できるようにしたい


ビフォー

Before






ビフォーもとても素敵なインテリアです。

オーナーの絵美莉さんが、こだわったインテリアでした。

こだわりはあるのですが、経営に、施術、インテリアまでご自身で手掛けることに限界を感じておられて一度プロにきちんと頼みたいということでご依頼いただきました。

私はインテリアをご提案する時に、必ずコンセプトブックを作るのですがそのコンセプトブックには、サロンであれば、

サロンが大切にしていること

どんな接客スタイルなのか

お客さまに何をお持ち帰りいただく場なのか

などなど

サロンの経営軸を盛り込みます。

それを形にしたインテリアを作るから。

そこからカラースキームと言われる、テーマカラーが一目でわかるものだったり、世界観が一目でわかるマップに落とし込みます。

それをスタッフさんと共有してもらうと、サロンの世界観が共有できます。


コンセプト:自分らしく生きる

キーワード

解放、リラクッス

自然、海辺、結果主義

サロン名である’SlowLife’の名が表す通り、ゆっくりと流れる時間の中で、自分らしく生きる。

アットホームな接客スタイルと、スピード感ある結果重視のサロンでしたので来る方が気軽な雰囲気で、体のメンテナンスを受けられて、結果が出るきちんと感も伝わるインテリアをご提案しました。


アフター
Slow Life

もともとあったソファを活かして

接客スペースを

リラクッスしてお話しできるコーナーと

デスクがありより丁寧にヒアリングできるコーナー

の2タイプ作りました。

元々あったソファは脚がない形で

使っていたのですが

脚を足して高さを出す事で

低すぎずきちんと感もありながら

座れる高さに変更しました。


Slow Life

床から浮くので浮遊感も出て、軽やかになりますね。

クッションのカラーも、より軽やかな印象になるようにチェンジ。

ここは季節で変えていけるポイントです。

サロンなのでやはり季節感など、来る方が飽きない工夫も入れていきたいところ。


Slow Life

大理石×ゴールドのテーブルから

ざっくりした木のテーブルに変えたことで

よりナチュラルでシャープな印象になりました。

結果をきちんと出してくれるサロンなので

軽やかでふわふわしすぎないように

解放感ある軽やかな雰囲気の中にも

「きちんと」が伝わるように

シャープさも出しています。


Slow Life

緑がいっぱいのサロン。


Slow Life照明

もともとあった流木の印象的な照明は

そのまま活かして。



Slow Life全景

リラクッスできるサロンなので

明るすぎず、暗すぎず

明るさにもこだわりました。



プランボード

こういった形で家具や

ゾーニングのプランもさせていただきます。

Slow Life

イームズのテーブル。

名作家具ですね。

チェアはまだ入れ替え前の写真です。


Slow Life

アートもたくさん添えて。

パッと目を引くフォーカルポイントに。

こちらも季節で変えられる見せ場。

Slow Life

現在ではますます発展されて

恵比寿のサロンは閉じ、世界各国でご活躍です。

オーナーの絵美莉さんもこちらでご紹介下さっています。

絵美莉さんのInstagramインテリア実例紹介






 
島村知子

島村知子 インテリアコーディネーター

打合せでじっくりと話を聞くスタイルで、あたたかな空間デザインを提案。インテリアを賢く使って、部屋が心地よく整う。​​私と家族の幸せな時間が増えるインテリアコーディネート、インテリア講座を開催中。

 

留言


bottom of page