top of page

あなたの家を心地よく変える配色の法則


お部屋がチグハグになる大きな原因は



色というより配色ですね。

大事なのは

色の組み合わせです。


インテリアあったかいベージュ系

おうちコンサルでのご質問で

家を建築中なのですが ハウスメーカーさんから ドアの色を決めて下さいと言われました。 ドアの色ってどうやって どうやって決めたらいいですか?

と、ご質問いただいたのですが

ここでも大事なのは

配色です。

色の組み合わせが悪かったり、

色がたくさんあると

それだけで脳が疲れてしまって

落ち着かなくなります。

部屋にいるだけで疲れちゃうなんて

嫌ですよね。


心地よい配色の組み合わせがあるので、

ドアの色〜

壁紙〜

カーテン〜

別々に考えるのではなく

壁紙や床の色、

カーテン、ソファの色など

色の組み合わせで考えましょう

今日はそんな時に

大活躍する色の法則がテーマ。



配色のルール

それは

3色に収めること。

1色目は

ベースカラーと言われる

床、壁、天井の色。

お部屋全体の70%ほどを占めます。

白や木目の茶色になることが多いですね。


白がベースカラー

このお部屋は白がベースカラーですね。

2色目は

メインカラーと呼ばれる色。

カーテンやソファなど

面積の大きな場所で使われる色です。

全体の25%ほどです。

ベースカラーよりも

幅広く好きな色を選べるので

個性を発揮する色。

「らしさ」が出る

お部屋の印象を決める色です。

グリーンがメインカラーのインテリア

このお部屋はチェアのグリーンがメインカラー。

そして3色目は

アクセントカラーと呼ばれる色。

空間全体を引き締める

スパイスになるような色。

残りの5%。

ゴールドがアクセントカラー

このお部屋は

額縁、チェアの脚、フロアライトの支柱の

ゴールドがアクセントになっていますね。

70 : 25 : 5


この配色バランスで

色の組み合わせを考えていくと

まとまりのある空間が出来上がります。

お部屋が落ち着かない。

そんな時は

色を3色に絞ってみる

スッキリ片付いた

居心地のいいお部屋になります。


色は3色が法則

心地いい部屋って色はそう多くないんです。

ここに生活小物が入ってくると

勝手に増えるから

土台になるインテリアで入れるのは3色が基本。

あなたのお部屋には

何色ありますか?

3色の組み合わせにするだけで

お部屋がワンランクアップ

参考になればうれしいです。



理想を叶えるインテリア

まずは無料で学びたい方はこちらがおすすめ

▼▼▼





 
島村知子

島村知子 インテリアコーディネーター

あなたの家が最高の居場所に変わる。部屋を変えたら人生が変わった。家族の会話が増えた。仕事が上向きになった。あなたとご家族が幸せになる空間と時間をデザインします。打合せでじっくりと話を聞くスタイルで、あたたかな空間デザインを提案。個人コンサル、インテリアコーディネート、インテリア講座を開催。

 

Σχόλια


bottom of page